ブログ Blog

オーダーでお作りしたガーネットのペンダントです。

 

< img src="garnet.jpg" alt="ガーネット" />

 

お手持ちのグリーンガーネットとオレンジのスペサルティンガーネットのルースを、星の形にカットされた大小のダイヤと組み合わせて、シンプルですがちょっと贅沢感のある可愛いペンダントに作りました。

 

リフォームしたダイヤモンドのリングです。

 

 

< img src="diamond.jpg" alt="ダイヤリング" />

 

1.8キャラットある大きなダイヤモンドを、18金で普段使いしやすいリングにというご依頼でしたので、石座部分を低くしてシンプルで優しいイメージでお作りしました。

先日、リフォームしたオパールリングです。

 

< img src="opal.jpg" alt="オパールリング" />

 

プラチナとゴールドのコンビがモダンで、とても素敵なリングになりました。

今日で6月もおしまい、梅雨明けはまだまだ先のようですが今日のように良い天気だと夏の気分になりますね。

6月は出張が続きバタバタしていてご無沙汰いたしました。

此のピアスは愛馬の尻尾の毛を使ったジュエリーを作って欲しいというご依頼で作ったものです。

 

 

ピアス

 

 

ルビーとダイヤはお使いになっていたピアスから外してハートの形が感じられるデザインに、毛の入っているパーツは馬蹄のイメージで作り裏側に愛馬の名前を彫りいれました。

愛馬の思い出と共にお使いいただけたらうれしいです。

 

琵琶湖のケシパールがメインのオーダージュエリーです。

                           

スターサファイアとファンシーカラーサファイアの配色と曲線使いのデザインで、このパールの持っている柔らかさと面白さを活かせたかなと思っています。

                             

                         

< img src="pearl.jpg" alt="びわこドラゴンパール" />

                          

                       

このケシパールとは3年程前に出会って一目惚れし、数少ない中からきれいなモノを選んで買ったのですが、もうあと数点になってしまいました。

                       

現在、1~2軒の業者さんが琵琶湖での真珠養殖を再開されていますが、とれるのは極々少量だそうです。

ましてこのドラゴンと呼ばれる面白いパールとなると、今後もお目にかかれそうもないですね。

                                                  

残りのパールたちはゆっくり考えながら大事にデザインしていこうと思います。

今日は台風3号の影響で久々の雨。

 

梅雨入りしてからも良いお天気が続いてて 雨、いつ降るの? と思ってたら 今日でした! 雨の日もたまにはいいですね。

今日は先日オーダーでお作りしたファイヤーオパールのリングのお話を。

 

選んでいただいた石は、私が好きで良く使う原石をその形のまま磨き上げた真っ赤なファイアオパールで、指が細く見えるようにデザインはシンプルに、というご依頼でした。

 

この方は節も目立たない、指先に向かってスゥーと細くなっている綺麗な指をしていらっしゃるのですが、サイズが19番なので太いと気にしていらして、ご自分で針金のようなもので上にむかって細くなってるリングを作っていらしてこんな形のリング!というご注文でした。

 

で、こんなふうに下半径は正円、上半分は45°ぐらいの楕円にして作ってみました。

 

DSCN6991

 

 

DSCN6993

 

 

DSCN6998

 

 

気に入っていただけるか心配でしたが、とっても喜んでいただけて、でもサイズ直し微妙に難しいと思うので、できたら今後細くも太くもならないでいただきたいです。

 

先週の大雪がこの寒さでまだ残っているのを見かけますが、皆様風邪などひかれてませんか?

 

今回は私も大好きなアクアマリンを使ったリングを紹介します。

 

210i212-2.jpg

 

写真のミルキーアクアリングは去年の秋に婚約リングとしてお作りしたものです。3月のお誕生石を使ったリングを探していらしてなかなか気に入ったものに出会えずうちにこられて、このミルキーアクアのルースを気に入ってオーダーしていただきました。

 

このミルキーアクアの魅力は、何んともいえないミルキーな半透明の質感と明るいブルーの色、そしてファセットカットされたアクアマリンではだせないボリューム感とかわいらしさでしょう。

 

普段もいつも着けていられるデザインということで5~6点のデザインの中から選んでいただきましたが、一番個性的な形のもので、私もこれが一番好きで作ってみたいデザインでしたけど、婚約リングということでもうちょっとオーソドックスにというか当たり前なほうがいいのかなと考えてしまっていたので、「これがいい」と指差していただいたときは、うれしいビックリでした。

 

デザイン的には石のまわりのラインをひし形のような不定形にとり、形を崩しながらバラランスをとる感じで透かしのところが一番のこだわりです。

ここはうでと重なるところを完全に透かして、指輪をはめた時肌がみえるようにするのが図面で考えていた時とは違って苦労しましたが、出来あがってとても満足しているところでもあります。

 

昔は婚約指輪に誕生石をよく使っていたものですが、誕生石や思い入れのある石を使って個性に合ったオリジナルの指輪を贈るのもいいなぁと思います。

今週日曜日の雨から急に秋らしくなってきましたね。

あの暑さともしばしの別れ、爽やかな秋を楽しみましょう!

 

ここのところ10月31日から1週間また銀座三越でジュエリー展をするのでそのためのデザインや制作をしています。

今回も変形のメキシコオパールのシリーズをいろいろ作っています。

 

9-28.png

 

これは先日変形のピアスが欲しいとのオーダーで作ったものですが、左右形がちがっていることが逆に魅力を増して面白くなっています。これは多分 斑(ふ)が出る遊色効果のせいかな?と。

ほんと、私ってメキシコオパール大好きです!

ずーっと忙しくてご無沙汰してしまいました。 

ホント毎日暑いですが、皆様いかがお過ごしですか?

 

今回は、先日リフォームしたスクエアダイヤリングの紹介です。

    

 

dscn6254.jpg

Before

   

   

dscn6476.jpg 

After

  

    

このデザインは以前にご紹介したものと同じように見えるかもしれませんが、角ダイヤの大きさに合わせて少し大きく、新たに作った型です。

前の回→ http://blog.nobuko-sui.com/?p=532

  

このリング、中石の角ダイヤが1ctの大きさで、前にご紹介した型と同じように作ると角の部分が出過ぎてしまってバランスが悪いので、同じように感じるデザインでありながらリング全体を少し平たく、大きめに作ってあります。

石とリング全体の形状とのバランスがとても難しく、何度か調整してやっと出来あがりました。

 

ラウンド型やオーバル型の中石のものとは違う、角ダイヤのシャープなところと腕の柔らかな感じがうまくミックスされた素敵なリングになり、とても気に入っていただけたのでホントによかったよかった。

  

  

dscn6490.jpg

 

 

今年もあと1日、ショールームもお休みに入り新年は5日から始めます。

       

今年もリフォームやオーダーのご注文をいろいろいただきましたが、お客様と一緒に作り上げたペアリングが一番に思い出されます。

結婚10年目を迎えたMさんのご希望は、名字の頭文字MかファミリーのF・ f をデザインしたものというご注文でした。

何点かご提案したうちで、f  をデザインした写真のものになりました。

  

r200-1-1.jpgr200-4.jpg

  

      

これは「 普段もおしゃれに使えて、ダイヤの婚約リングとの重ね付けもできたら 」というご希望にも副ったものなのですが、さすがにご主人が普段つけるのに f の形はちょっとムリなデザインでしたので、二つを重ねて f になる、それぞれでおつけになっても、ベースの肉どりを合わせてあるのでペア感はバッチリという出来上がりにしました。

さらに、リングの内側にM●H♡Y 10th & t & h と二人のお子さんの名前も入れました(ちなみに●はブルーのサファイアが入っています)。

    

Mさんの幸せな気持ちがいっぱいこもっているリングになって、とても喜んでいただき私もとても嬉しかったです。

何度も打ち合わせをしてお互いちょっと大変でしたが、「やっぱり手間暇かけただけあるなー」と、今懐かしく思い出しています。

それにしても、あの小さなリングがこんなに意味あるものになれるなんて、ちょっと感激しますね。