ブログ Blog
2008年06月19日 19:59  

おいしいお弁当

アトリエの斜め向かいは、すべて手作りでお惣菜やお弁当を作ってるお店です。毎日、早朝から仕込をしていて9時過ぎにはおにぎりなどが並ぶので、朝ごはんに買っていく人もいたりします。

  

お弁当のメニューは日替わりで7、8種類あって、ハンバーグ・から揚げ・肉料理・煮魚・焼き魚などの定番ものや、ちょっと凝ったメニューまで、かなり選びがいがあります。そして、ご飯も白米と黒米入りとあっておにぎりやご飯だけのパック、さらにお惣菜類、焼きそばと、ほとんど一人で作っているのにすごいメニューで驚きです。

      

      42.jpg

          黒米のご飯とおにぎり

  

     73.jpg

        お惣菜も安くて美味しいんです

     

私はこの黒米ごはんのファンで、とてもおいしいのとなんだか見るからに健康に良さそうで、近いこともあり、かなりの頻度でお世話になっています。

        

 

6月の誕生石はパールです。(今日6月9日の誕生日石はバロックパールだそうです) パールが6月の誕生石に選ばれたのはジューンブライドの花嫁の清楚なイメージからでしょうが、私は綺麗な真円のパールよりも、バロックパールや色も形もさまざまな黒蝶・白蝶のケシパールを特に好んで使っています。

ケシパールは核を入れて人口的につくるパールとは違い、母貝が自然に入り込んだ砂などの異物に真珠層を巻きつけてできたパールです。そのほとんどが真珠層で出来ているため小さくてもテリ(光沢)が美しく、自然のつくった可愛らしい個性的な形が大きなバロックパールの迫力ある魅力とともに、一つ一つ手づくりするGardenのシリーズにとても使いやすくよく合います。ケシパールも大きくて、色・テリの良いものはとても希少で年々高品質のものは少なくなっているように思います。

keshi.jpg ケシパール

淡水パールはその質感に薄さというか硬さをかんじないのでほとんど使いませんが、昔びわ湖の淡水パールというのを3つ程手に入れた時、色・形・質感に魅了されたのを思い出しました。その後しばらく、びわ湖びわ湖と探し求めましたが、同じような品質のものは見つかりませんでした。びわ湖での真珠養殖は水質の悪化に伴ってほとんどの方がやめてしまったそうで残念です。

2008年06月03日 15:01  

高値の続く地金価格

ここ数日、少し値下がりしたけれど昨年から続いている金・プラチナの高値はジュエリーを作っている我々には大変な問題です。

3年位前は小売価格で¥3.000台だったプラチナが今は¥7.000台になっています。

我々にとって金やプラチナはジュエリーを作る原材料であって、今盛んに小麦などが20%、30%の値上りと騒がれているけれど倍以上ですから…。購入する度にタメ息が出ます。

 

元々ヨーロッパではホワイトゴールドを多用するので、プラチナの人気は日本が一番でしょう。

  

私も以前はすべてイエローゴールドかプラチナで作っていましたが、最近は大きさのあるブローチやペンダント等は重くて使いづらい場合があるので比重の軽いホワイトゴールドでも作りますが、リングだけはオーダーやリフォーム以外、すべてプラチナで作っています。

 

その理由の一つは、ホワイトゴールドはホワイトといっても金である為、少し黄色味があるのでほとんどの場合、ロジウムメッキをかけて仕上げますが、指にはめるものですから長年の使用でメッキがはがれて地の色がでてくることがあるため。

 

もう一つはさっきも書きましたが比重。プラチナの比重は通常使うPt900で22、K18は14.5位なので、プラチナはその重さが目に伝わってきて小さい指輪にも高級感が感じられて好きなのです。

 

でも、こんなに高値ではなかなか思うように作れませんが、お持ちのジュエリーをリフォームしたいと思っている方にはいい時期かもしれませんね。