ブログ Blog
2010年01月23日 14:29  

ヤーコンなる野菜

このところ、ほぼ月に一度の用件で杉並区阿佐谷に行くのですが、最近駅 の近くに産地直売らしい野菜を中心に売っているお店を見つけました。

新鮮なのはもちろんですが値段も安く、例えばジャガイモにしてもいろんな種類があったり、ちょっと珍しい野菜などがおいてあります。

 

先日行った時に初めて見たのがヤーコンという真っ黒いオイモのような野菜。

 

1-23-2.jpg

(ヤーコンと右下はゆり根です)

 

食べ方の説明があって、〔味噌漬け・きんぴら etc〕と書いてありました。

私はこういった根菜系が大好きなので、食べたことないけど「なんかおいしそ~」と思い買ってみました。

 

帰って調べてみると、南米アンデス地方原産のものだそうです。

さらに「フラクトオリゴ糖」というのが食物のなかで一番多く含まれているのだとか。

「オリゴ糖だから腸に良いのかな?」

まぁ細かいことは分かりませんが、とにかく体に良さそうなオイモであることはわかりました。

 

 

とりあえずヤーコンはおいといて、先に一緒に買ったゆり根と細いゴボウから食べることに。

ゆり根はほぐして茹でてシンプルに食べましたが、うっすらと感じる甘みがなんとも美味しい!

夢中で食べてしまったので写真を撮り忘れました・・・。

 

ゴボウの方は味噌漬けにしてみました。

 

1-23-1.jpg

 

こっちは漬かってから食べましたが、パリパリした食感と味噌の風味が良くて、いや~美味しかった。

自分の好みで味付けしたものは、お店のものと違った美味しさがありますよね。

 

さて、残るはヤーコン。

買ったはものの、どーしようか眺めているばかりです。

紹介されているレシピで、人気なのはきんぴらのようですので、まずきんぴらは作ってみるとして、変わりどころでキムチヤーコンというのにチャレンジしてみようと思っています。

2010年01月19日 10:59  

ショールームに小鳥!?

ショールームに小鳥を放し飼い! 

 

1-20.jpg 

 

 

 

ではなくて残念ながら本物ではありません。 作り物です。

 

本当に生きている小鳥が、この中を飛び回っていたら楽しいと思うけど、まぁそれは無理な話で。

 

でも作り物とわかっていても、ふと目に留まるととても可愛くて思わずニコっとしてしまい癒されます。

 

1-20-2.jpg 

  

 先日、青山を散策した時に見つけました。

なかなか良くできていておすすめです。

2010年01月15日 19:47  

トパーズのペンダント

今日はもう1月15日、正月気分もだいぶ薄らいできました。

今回は年賀状に使った、白いトパーズとガーネットのペンダントについてお話しようと思います。

 

 

  03.jpg

  

去年の秋に翌年の年賀状にのせるジュエリーを考えていて、「元気さを感じるものをつくろう!」と思ってつくったペンダントです。

今までのカテゴリーからいうとキュビズムシリーズの変化形で、大きなトパーズのまわりに散らした、赤いガーネットとメレダイヤの不規則性がポイントです。

今までつくってきたキュビズムシリーズは、地金や石の面の形や傾きの不規則性でしたが、このペンダントは地金の線や石の方向や傾きの不規則性を面白くまとめようとしたたものです。

 

ガーネットをつないでいく線をあえてバラバラの方向へ向かせ、もう一歩いけばガラッと崩れてしまうギリギリのバランスをとってみました。

ガーネットの間に入れたメレダイヤは、ガーネットで崩したバランスを補う役目もしていて、1つ1つの位置を決めていくのは大変ですが、難しいがゆえに一番おもしろいところでもありました。

そして、上下2つのオーバルカットのイエローダイヤは全体の隠し味みたいな役目で、この2つのダイヤを入れると色にも変化がつくし、アクセントになり全体に深みが出てきました。

 

中石のトパーズは、リモライトという酸化鉄系の鉱物がインクルージョンとしてきれいに入っている珍しいもので、重さが 57.54ct もある大きな石です。ですから使いやすいようにできるだけ軽くつくりたかったので、地金は18金のホワイトゴールドを使いました。

トパーズの厚みは15mm位で石座にセットすると約18mmの高さになり、まわりの線でつないだガーネット達の高さ、量感のバランスが大事になります。

私はワックスを使って実際の形を追っていき最終的に金属に仕上げることが多いのですが、今回のようなデザインのものは一から地金で手作りしていったほうがきれいに出来上がるので、作り手に全体の形の流れとポイントを細かく説明して私の意図を理解してもらって任せました。

いつも私のデザインのものをつくってもらっている人なので、私のこだわりとか細かなところが伝わり易いのです。

こだわりといえば、石を留める爪も板爪でスッキリ感をだしています。

 

どんな風に仕上がってくるか、いつも待っている時は期待半分、心配半分ですが、このペンダントはとても気に入っています。

自分で言うのもなんですが元気な感じも出ているし、面から線への変化もうまくいったし。

今後、もう少しこのラインのものを追求してみようと思っています。

2010年01月01日 12:45  

HAPPY NEW YEAR

  

 2010.jpg

  

あけましておめでとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。