ブログ Blog

6月10日、いま東京都現代美術館で開催されている

「名和晃平ーシンセシス」展 

http://www.mot-art-museum.jp/koheinawa/

のオープニングレセプションに友人に誘われて行って来ました。

                   

タイトルのシンセシスは「合成」「統合」を意味し、「Cell(細胞)」という概念にそって生み出した独自の彫刻の世界ということなのですが、12室の展示室をめぐるとまさに彫刻を観るというより体感するという言葉にピッタリのワクワクしてくる展覧会でした。

          

又、時間のある時もう一度行ってゆっくりとあの作品世界に浸ってみようと思っています。