ブログ Blog

imgp0880-2.jpg

  

10月19日、20日に日本橋べったら市がありました。オフィスのすぐ近くにある椙森神社周辺から日本橋大伝馬町の宝田恵比寿神社にかけて、150m位のメインストリートとその周辺に、200店位の屋台が並び、それぞれの神社の周りに20軒ぐらいづつべったら漬けが売られています。

imgp0881-2.jpg

江戸時代中期から続いていると云われるべったら市の由来は、恵比寿講のお供えの為の魚や野菜を売る市が立った時に売られたべったら漬けがよく売れたことと、「べったりつくぞ~」とべったら漬けを振り回して参詣客につけたことからべったら市という名が定着したそうです。

imgp0883.jpg 宝田恵比寿神社

imgp0885.jpg

私は大好きなお祭りなのですが今年は出張で行かれませんでした。今回紹介している写真や話はスタッフによるものです。このお祭りの面白いところは、べったら漬けはもちろん、いろいろなお店が出るのですが、なんといっても粕漬けで有名な「魚久」や老舗の「よし梅」「人形町今半」などの人形町界隈の美味しいお店も出店するところではないでしょうか。それと場所柄ビジネスマンが多く、夜になると屋台の周りの至る所で宴会が始まり、道沿いのお店が地酒からワインまで売り出すのでたいへんな賑わいになってかなり楽しめます。今年は19日金曜日の夕方から雨が降ってしまい例年程ではなかったそうですが。(それでもかなり盛り上がっていたみたい)

imgp0887.jpg

魚久の前はすごい混雑。行列ができるほどです。

imgp0891.jpg 夜の椙森神社

夕方には宝田恵比寿神社の前には雨の中お神輿(極小)もくりだしていたそうです。

imgp0895.jpg  ちっちゃくて、かわいいお神輿

来年は行けるといいなぁ。

この記事に対して2件のコメントがあります。

  1. Mr and Mrs Craig

    ニューヨークに居てはめったに口にはできないけれど、べったら漬けはわたしたちの大好物。なのに由来も歴史も知らず。これで知識が一つふえました。写真も楽しませていただきました。ありがとう。

  2. nobuko

    <Mr and Mrs Craig

    コメントありがとうございます。
    また、界隈の楽しいところご紹介していきたいと思います。

コメントの投稿

 ※非公開です
コメントの内容:

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)